REPORT

撮影レポート

スタジオ
チャペル

2人だけのウエディングストーリー

2022.07.18

以前に新婦様のお兄様がWARAKUチャペルで結婚式を挙げられたのがご縁でご来店いただきました。

今回お2人は結婚式は挙げないけれど、結婚式の流れを撮影する「ウエディングストーリ」撮影をされました。

胸元のビジューが華やかなドレスにレースたっぷりのベールがとてもかわいい印象に。その隣に並ぶ新郎様も白のタキシードで爽やかな印象に。

キャンドルの灯りが優しく2人を包んでくれている様な、そんな雰囲気のチャペルで入場シーンから撮影。

続いて指輪の交換。左手薬指は心臓と1本の血管で繋がっている特別な指と信じられていて、その特別な指に指輪をつけることで「夫婦の心を永遠に結ぶ」という意味が込められています。

この日はご家族も見学に来ておられたので、お2人に誓いの言葉を読み上げていただきました。

最後は退場シーン。写真には写っていませんが、カメラの後ろではご家族からの拍手が送られ、お2人も自然と笑顔に。

お腹の赤ちゃんと一緒の撮影もとてもいい記念になりました。

妊娠中の新婦様にとってはスタジオ撮影は負担も少なく撮影できるので本当によかったです。

とても優しい新郎様、笑顔がかわいい新婦様。きっと幸せな家庭を築いてくれると思います。

末永くお幸せに。元気な男の子の誕生も楽しみにしています。

ロケーション撮影

夢いっぱいのフォトウエディング②  完結編

2022.07.02

2022年春。昨年秋にチャペルとスタジオでフォトウェディングをされたお2人は、気持ち新たに今度はバラが咲き誇るあいやまガーデンにてお2人だけで、ロケーションフォトウエディングをされることに。

大のディズニーファンなお2人。今度は、去年とは違う二人だけの夢の世界での撮影を…と気持ちはディズニーに出てくるお姫様のようなふわふわドレスで、そして王子様のようなきりっとしたタキシードで。

「バラが満開の中で、撮影したいなぁ」と、撮影はバラの季節に設定されていたお2人。撮影日当日は、お2人の願いが届いたのか、バラが一面に咲き誇っていました。

バラの開花、そしてお天気、すべてに恵まれ心地よい風と日差しの中、王子様とお姫様のステキな時間となりました。

撮影の合間に一休み。お揃いのスニーカーがとってもキュートでした。

夢がかなったお2人の手元には、約1年にわたって撮影したお2人だけのフォトがあります。そして、フォトにこだわって企画や準備をした時間は、すべてお2人の宝物になりましたね。 お2人の大切な宝物をカタチにするお世話をずっと近くでお力添えできたことが、私たちも本当に幸せでした。

お2人だけのステキなウエディングフォト。大切な宝物を手に、お2人でどうぞ明るい家庭を築いていってくださいね。末永くお幸せに。

スタジオ
チャペル

夢いっぱいのフォトウエディング①  始動編

2022.07.01

コロナ禍の中、遠方から親族を招待しての挙式披露宴を行うことに抵抗があったお2人。それであれば、無理に結婚式の計画を立てるより、フォトウエディングで今を思う存分楽しみたいな…と、ステキなフォトウエディングプランを計画。お2人の夢はどんどん広がり、フォトウエディングプランはなんと一年掛かりの壮大なスケールのものになりました。

2021年秋。結婚式のお写真は家族も参加して、みんなに見てもらってちゃんとした一日にしたい…と、本格的なステンドグラスが印象的なボルファート富山のチャペルオブローズでのロケーションフォトを。

指輪の交換や誓いのキスなどを挙式さながらの撮影することができ、けじめの一日となり、ご家族の皆様もお2人を見届けて一安心。ご両家皆様での集合写真もたくさん撮影でき和やかな一日をお過ごし頂きました。

プロポーズシーンを再現。大好きなディズニーランドでの大切な思い出がよみがえってきました。

スタジオでは、ウエディングとはイメージをガラリと変えて、お2人が大好きなキャラクターを持ち込んで、いろいろなかわいいアイテムに包まれながら夢のようなお写真タイムに。丸一日をかけての撮影、存分に撮影を楽しんで夢のようなステキな一日をお過ごしいただきました。

チャペル
ロケーション撮影

大切な家族と…幸せの一歩

2022.06.26

結婚式を挙げるより、記念写真で残すのが2人らしいかな…と、フォトウエディングのご相談でご来店されました。せっかくなら、洋装も和装も残せたらいいなと、お2人の最初のイメージでした。

やっぱり、ロケーションのほうがイメージが好きかな…と、ご新婦さまの希望を叶える形で、洋装はボルファート富山のチャペルにて、そして、和装は、お2人でも思い入れいのある櫛田神社での撮影に決定。

チャペルでの撮影ではお母様にベールダウンを、お父さまにはバージンロードを一緒に歩いていただきました。

撮影には、両家のご家族さま全員が集合して、お2人の撮影風景を和気あいあいと見守り終始笑顔で撮影が進みました。

お2人がフォトウエディングのご相談にご来店されてから、撮影当日までの間に、嬉しい出来事もあり、ご両家の家族みなさまと、これから産まれてくる赤ちゃんとみんなでの撮影も叶い幸せの一歩になりました。

産まれてくる赤ちゃんは、どっちに似てるのでしょうね。会えるのが楽しみですね。

櫛田神社では、入籍の報告を兼ねて、結婚奉告祭を執り行っていただきました。

お2人にとっては、初めて出会った時期も6月ということもあり、記念の6月に、入籍や結婚報告、そして、記念写真撮影をする事ができたことで、幸せの月となりました。まさしく、June Bride。

ご家族さまをとても大切にされるお2人。これからもその思いを大切に、お2人で素敵な家族を築いて行ってくださいね。末永くお幸せに。

チャペル
ロケーション撮影

家族と愛車と

2022.06.04

結婚式は挙げたいけれど家族だけでいいよね。車とは絶対写真撮りたいよね。これがお2人の希望でした。季節には特にこだわりはなく、お2人の生活が落ち着いたタイミングでの撮影となりました。

挙式はWARAKUのチャペルで。見学した際に「この雰囲気が好き」と気に入っていただきました。夢だったお父様とのバージンロード。

大切なご両親、兄弟、かわいい甥っ子くんたちに見守られながら結婚の誓いを立てていただきました。

最後はフラワーシャワーで祝福。挙式中も笑いがあったりとお2人らしい結婚式になりました。

愛車との撮影は海老江海岸で。お2人で撮影場所をいろいろ探した結果、ここがイチバンということで決定。青空と海をバックにかっこいい写真が撮れました。

車と一緒に撮りたいイメージも事前にたくさん考えてくれていたので、撮影がスムーズに進み、たくさんの写真が撮れました。

ドレスとタキシードはそのままで、ヘアスタイルとネクタイをチェンジしてガラッと雰囲気が変わりました。海ではカジュアルな雰囲気もぴったりでした。

ご家族の皆様にも喜んでいただける日になり本当によかったです。初めて会った甥っ子くんたちもすっかり仲良しになっていました。そしてお父様が嬉しそうにスマホで新婦様の写真を撮っていた姿がとても印象的でした。うまくバージンロードを歩けずに怒られていましたが、お父様にとっては嬉しいような寂しいようなそんな1日だったと思います。

いつも仲良しなお2人。これからも笑いの絶えない夫婦でいてください。そして兄弟と同じように男の子3人楽しみにしていますね。末永くお幸せに。

ロケーション撮影

Happy Hour!!

2022.06.01

春先に挙式披露宴をすでに終えておられたお2人は、新緑がきれいな季節に和装のお写真を残したいというご希望でご来店されました。

挙式披露宴の際は、ウエディングドレスのみで過ごされたこともあり、和装のお写真は華やかでかわいい色打掛と清潔感のある白紋付に決定。色白で優しい雰囲気のご新郎新婦さまにピッタリなお衣裳でした。

築150年以上もする木造家屋で、広い座敷や瓦葺きの切妻屋根、そして、きれいに手入れされている広大な庭園が人気の内山邸では、どこで撮影をしても絵になるお2人でした。

撮影が始まると、笑顔が満開に。そして、目が合うと必然的ににっこりと。優しくてほっこりとした時間が流れました。

移動するときは、いつも優しく手を差し伸べてくださる新郎さま。優しさが溢れる瞬間に包まれました。

ご家族皆様との楽しい撮影になりましたね。お2人の優しい心が伝わる本当にステキな時間でした。これから、マイホームの夢など、益々楽しい毎日になりますね。どうぞ、健康に気をつけて笑顔の絶えない優しい家庭を築いていってくださいね。末永く、お幸せに。

チャペル
ロケーション撮影

思い出のウエディングフォト

2022.05.20

コロナ禍もあり、結婚式や披露宴を盛大に行うより、2人らしくて、満足のいく記念写真をたくさん残せたらな…との思いでご相談にご来店されました。

ウエディングドレスは挙式をイメージできる場所で撮影できるならなおいいな…と、ステンドグラスが美しいボルファート富山のローズオブガーデンでの撮影に、そして、カラードレスは、せっかくなので、自然を存分に感じられバラが咲き誇る氷見あいやまガーデンと、それぞれを全く異なる場所で残されることになりました。

ウエディングドレスはローズオブガーデンのチャペルに映えるよう、シンプルで繊細なレースが際立つ正統派のAラインのウエディングドレスに。タキシードは、ウエディングドレスと並んだ時に統一感がでるように、同じホワイトをチョイスされました。

お2人で並んだ時のバランスもよく、撮影中も溜息がこぼれるほど美しいお2人で、撮影には、ご見学に来られたご家族様やご友人様の祝福も受け、涙と笑顔あふれる温かい時間になりました。

撮影の結びには、お2人からご家族様、ご友人様に向けてお礼と感謝の言葉で締めくくられました。

氷見あいやまガーデンではナチュラルカラーのカラードレスを、そして、タキシードは、自然と同化しないように、ドレスを引き立てることも意識して、コントラストあるお色味をチョイスしました。

この自然とお2人の優しい雰囲気との波長がしっくり来たのか、終始穏やかに、そして咲き始めたバラの花と、時折、富山湾から流れてくる優しい風にのって、何とも言えない甘くて豊潤な香りに包まれての撮影となりました。

新緑に包まれたお2人は、まるでアートのように美しく、自然が織りなす力とお2人の深い愛を形に残すことができ、これからのお2人を見守ってくれているかのようで、私たちも思い出深い一枚になりました。

今回は、ローズオブガーデン、そして、氷見あいやまガーデンとバラにまつわる会場とご縁がありましたね。バラの花言葉にもありますが、「愛」と「美」まさにお2人そのものです。お互いへの深い愛情、そして、美しい思いやりの心。本当に学びになりました。

どうぞ、これからもお互いへの深い愛情と美しい思いやりの心を大切に末永くお幸せに。

チャペル
ロケーション撮影

最高の記念日に

2021.10.14

憧れの海外ウエディングがすぐに叶えられそうになかったお2人。

「記念写真だけでも残しておこう。」とステンドグラスが印象的なチャペルでの撮影を決定され、その後ひょんな会話からお2人共通の趣味がテニスと伺い、せっかくなので、チャペルからほど近い環水公園でテニスを楽しむショットも一緒に撮影させていただくことになりました。環水公園はデートでも出かけたことがあり、打ち合わせの時点からワクワクするものになりました。

憧れのウエディングドレスは、スタイルがよりキレイに見える大人かわいい印象のシンプルなプリンセスラインのドレス。アップスタイルにロングベールをあしらい厳かな雰囲気を。タキシードは清潔感のあるさわやかな白で。

平日の撮影だったため家族全員とまではいきませんでしたが、お母様・おばあちゃまが見守る中、結婚式を挙げているようなシーンやステンドグラスをバックにワンショットワンショット想いを形に残していかれました。

その後は環水公園まで歩いて移動。芝生広場でテニスラケットを持った瞬間、お2人の表情は今までより楽しさ倍増の笑顔に。ラリーを楽しむお2人の姿がとても印象的でした。お2人の呼吸もピッタリで、カメラマンのリクエストに応えながら、日が沈んでくるまで撮影を楽しんで頂きました。

前日までの雨がウソのようにお天気にも恵まれ、最高の記念日になりました。お2人はもちろんご家族の皆様がこんな風に2人の結婚式の姿を見れるなんて…と喜んで下さったのが本当に嬉しかったです。

さいげない思いやりがお2人の中で自然にできていてとてもほっこりしました。どうぞこれからも思いやりを大切に、大好きなテニスを楽しんでステキな夫婦でいらしてくださいね。末永くお幸せに。

スタジオ
ロケーション撮影

新婦様の願いを叶えて

2021.10.09

結婚式は挙げないので、写真は思い出に残るものにしたいということで、ドレスも和装も着たいという新婦様の願いを叶えて、撮影場所もお2人で行った思い出の場所に。

和装は年賀状に使いたいということで、お忙しい新郎様のスケジュールをなんとか調整してスタジオでの撮影に。

鮮やかな赤が目を惹く友禅の色打掛に大輪のダリアを合わせてとても華やかなコーディネイトになりました。

新郎様の優しい笑顔と新婦様のちょっと照れた表情がとてもかわいかったです。

ウエディングドレスはお2人で行った氷見あいやまガーデンで。予定していた6月の撮影にはバラが少なくなってしまったので、秋に延期。たくさんのバラに囲まれての撮影が叶いました。

園内にはバラだけでなくいろいろな花があり、色とりどりのお花に純白のウエディングドレスがとても映えました。

新郎様はお持ちのスーツでドレスにコーディネイト。フォーマルになりすぎず、カジュアルにもなりすぎずと新婦様のドレスにぴったりのものを選んでいただきました。

カラードレスは氷見の比美乃江公園で。フリルが華やかなブルーのドレスに花かんむりとかわいい雰囲気に。この日はとても風が強く波も大荒れでしたが、こんな状況でもお2人は終始笑顔で撮影を楽しんでおられました。

お忙しい中、新婦様の願いを叶えてくださった新郎様の優しさや、いつも新郎様に心配りをされている新婦様。お2人の関係がとても素敵だなといつも感じてました。

これからもお互いに思いやりの気持ちを忘れずに、楽しい家庭を築いていってください。

ロケーション撮影

記念日に思い出の場所で

2021.08.01

新郎様は思い出の小境海岸で、新婦様はチャペルでの撮影がご希望でした。チャペルではふんわりとボリュームのあるウェディングドレスで、海岸では海のイメージに合わせてブルーグリーンのドレスを選ばれました。

ディズニーのぬいぐるみ・ガラスの靴・ガーランドやフォトプロップスを持ってと事前に撮りたいイメージをたくさん教えてもらっていましたし、お2人の中でもイメージがバッチリでしたので、スムーズに撮影が進みました。

夕日が沈むショットは限られた時間での撮影でしたが、見事夕日をバックにの最高のショットが撮れました。

撮影前から「こんな写真が撮りたいね」とお2人で相談したり、小物を手作りしたり、撮影後もアルバムに入れる写真を選んだり、お部屋に飾ってくれたりと、この日のことをすごく楽しみにして下さってた気持ちが伝わり本当に嬉しかったです。

また10年後20年後も写真を見返して、この日の事を思い出して笑い合えるような夫婦でいて下さい。

TOPへ戻る