REPORT

撮影レポート

ロケーション撮影

10年越しの思い 2024-12-13

2024.02.22

新婦さまが通っていらっしゃる美容室さんのご紹介でお2人はご来店されました。

目だったことはしたくない…と当初はスタジオ撮影の予定でした。

が、衣裳合わせをしていくうちに、「せっかくなら素敵なロケーションでも撮りませんか?」

のご提案に、意外にもご主人様よりOKを頂き!新婦様もとても嬉しそうでした♡

お天気に恵まれました。さすが晴女&晴男ですね。

私の大好きな一枚。竹から差し込む光が二人を照らし、幻想的でした。

なんと、お2人は出会って10年…新婦様の長年の思いだったそうです。

この記念日に立ち会う事が出来て大変嬉しかったです。

新婦様の笑顔、100点満点でした!

新郎様のスパイスの効いたコメントが面白い(笑) 楽しいお2人が大好きです。

誠におめでとうございました♡

浮田家

ロケーション撮影
景色

神社と素敵なおふたり~2023.10.11~

2024.02.21

初めてWARAKUにご来店下さったのは7月でございました。誠実で優しい雰囲気のおふたりが印象的でした。

撮影は杉原神社にご決定されました。新郎様は法螺貝の奉納をされたいとの事で、この日に向けて、たくさん練習をされました。

フォトウエディングの撮影の中で、結婚報告祭も行われました。

厳かな境内の神前でおふたりは結婚のご報告をされました。ご家族も静かに見守られました。

いよいよ練習の成果を発揮する場面となりました。静まる境内に新郎様の法螺貝が響き渡りました。力強い音色を丁寧に。男らしく堂々とした姿を、新婦様も優しく見守りました。

夫婦となり、いただいたお守りも世界にひとつの夫婦守りです。お2人らしい色柄でした。

結婚報告も法螺貝の奉納も無事に滞りなく終わり、ほっとした笑顔が、また素敵でした。

美しい新婦様。掛下は新婦様ご自分のお振袖です。綺麗な赤色がより華かにしてくれました。

法螺貝を吹く姿はとても男らしくカッコ良かったです。

後姿も美人な新婦様。ヘアスタイルもお好みに仕上げます。水引が神社ともマッチしています。

ここからは、神社の外で撮影開始です。まずは和傘を持って。。

チャーミングなポーズや、

視線を外してお2人らしい表情。

次はお扇子を持って可愛らしいショットも。

そして結婚報告も可愛くしちゃいます♪

優しい表情で見つめ合う姿も素敵です。

杉原神社のご神木、夫婦杉にも結婚報告をしました。

イニシャルを持つ姿も可愛くて優しいです。おふたりから、撮りたいショットを事前に頂いておりましたので、夢を叶えられるようカメラマンさんと念入りに打合せを重ねました。当日はスムーズに全撮影ができました。幸せが溢れるお時間をご一緒に過ごさせて頂き誠にありがとうございました。

実はこの後、もう一ヵ所、撮影に行きました♪次は洋装です。お楽しみに♪

ロケーション撮影

大好きなおじいちゃん、おばあちゃんへ

2024.02.20

2023.11.24

新婦さまより、初めてご連絡を頂いたのは9月。県外にお住いの為、お打ち合わせはオンラインがメインでした。

翌年に結婚式をひかえておられますが、出席出来ない故郷の御祖父母様の為に、花嫁姿を見せてあげたい…そんな思いから、富山での和装の前撮り計画はスタートしました。

ちょうど紅葉の色づきが綺麗な季節。お2人が選ばれたのは「松桜閣」。

白無垢の下には思いのつまった、お気に入りのお振袖をお召し頂き、オリジナルコーデに。

この日は肌寒い日でしたが、お2人の為にご親戚やご友人もたくさん駆けつけて下さいました。

念願の御祖母さまと、ご対面のシーン。

「おばあちゃん、ずっと元気でいてね」と新婦様。皆が感極まった瞬間。

素敵な日本家屋と庭園。紅葉が綺麗です。

元気で笑顔の可愛い新婦さま、その場がとっても明るく楽しくなります♪

WARAKUでお手伝いをさせて頂き、本当に嬉しく思います。

お客様にお会いしたのはたったの2回ですが、私の中ではとってもとっても濃い時間でした。

この撮影をご提案して下さった、優しく素敵な新郎様。明るいご家族様、可愛いご友人様、すべての方に感謝しております。

皆さま、どうかお元気でお過ごしください。

チャペル
ロケーション撮影

After the wedding  2023.11.17

2024.02.14

結婚式は和装で挙げられたお2人。 「せっかくなら、ドレスも着たら?」新郎様の一言がきっかけで洋装フォトもして頂く事に。素敵ですね♡

色々なラインのドレスをご試着され、選ばれたのはシルクの花柄の優美なドレス。

軽やかで繊細で、新婦様にとってもよくお似合いになります。 新郎様は、ホワイトのタキシードで普段とは違う印象に。

撮影はチャペルにて、二人きりで。 カメラマンからの様々なご要望に、少し照れながらもお応えいただきました。

仲良しでいつも楽しいお2人の幸せ溢れる笑顔が大好きです。

豪華なアルバムが出来ましたので、お2人でたくさん見返して思い出してくださいね。

素敵なお2人のお手伝いさせて頂き、嬉しく思っております。

また、いつかお会い出来る日までお元気でいて下さいね。

ありがとうございました。

ボルファートとやま 

洋装1点 ロケーションフォトウェディング

ロケーション撮影
景色

思い出の振袖と

2023.12.05

緊張続きの洋装の撮影を終えたお二人は、今度はお二人だけで和装の撮影をされることになりました。

洋装も和装も残したいな・・・と思いながらも、どうしようと悩み悩みいらっしゃったお二人。

実はそこには理由がありました。
和装といえば、成人式の時に買ってもらったお振袖。結婚したら本当に着る機会がなくなってしまう…

そんな思いを胸に秘めておられました。

成人式の時に買ってもらった大切な思い出のお振袖。

一目ぼれをして、買ってもらった総絞りのお気に入りのお振袖。
成人式以降、なかなか着る機会がないまま今日に至ってしまっておられたのでした。

そんなご新婦さまの胸の内を聞いて、
「ぜひ、お振袖を着ましょう。今回は、打掛の下に着る掛下のようにお振袖をお召しになられては…」
と、お振袖として、そして、掛下のようにお召しになられることをご提案させて頂きました。

人気の内山邸にて。
ご新婦さまも、「また着られることが出来て本当に嬉しい」と何度も何度もおっしゃられました。
嬉しさが込み上げ、終始笑顔に。
総絞りのお振袖は、本当にご新婦さまによく似合われていました。ご新郎さまも、そのお姿をみて喜んでおられました。

お振袖での撮影の後は、色打掛と紋付姿で撮影を。
お振袖とコーディネイトで色打掛がより華やかに。いろいろなお色味の色打掛とのコーディネイトを試して、悩みに悩んでこの色打掛に。ご新郎さまにじっくりお見立てしていただきました。
総絞りのお振袖と色打掛とのバランスが絶妙です。

洋装の撮影も青空、そして、和装の撮影も青空。
縁側で日向ぼっこをしながら撮影の一休み。撮影の緊張から、ちょっとほぐれた瞬間の自然な笑顔をカメラマンさんは見逃しません。

色打掛の醍醐味は、やはり全身のお姿。バックスタイルは特に、花嫁さまの艶やかさや豪華さを見せてくれます。色打掛の刺繍や織りのすべてを見て頂ける迫力のポージングです。
ヘアスタイルやメイクは、スタイリストさんと一緒に相談しながら決めました。ご新婦さまのイメージでシンプルなスタイルは、フェイスラインに合わせてボリューム感や奥行きを確認しながら造り上げました。胡蝶蘭の花飾りは花嫁さまらしい上品さ、美しさがあります。

12月とは思いえないほどの暖かな日でしたね。
気が付けば、洋装も和装も晴天に恵まれて雲一つない青空になりました。お二人のこれからも、今日のように雲一つない澄みきった青空に恵まれることでしょう。
お仕事がお忙しいお二人の貴重なお時間に、何度もWARAKUに足を運んで頂きました。お二人にお会い出来る日が待ち遠しくて、いつも楽しかったです。WARAKUでフォトウエディングをしていただき本当にありがとうございました。

撮影は、慣れないことだらけで緊張続きだったとお話下さいましたね。
それでも、どんどん、和やかな笑顔になられるお二人をいつまでも見ていたいと思うほど、優しくて温かな時間でした。優しいご家族さまに包まれて大きくなられたご新郎さま、そして、穏やかなご両親様のもと、心優しく育たれたご新婦さま、心優しいお二人は、ご両家のご家族さまをとても大切になさっておられました。
どうぞ、これからもお二人仲良く、ほっこりと、優しくて温かな時間をお過ごし下さいね。
お二人のそして、ご両家皆様の末永いお幸せを心からお祈り致しております。

ロケーション撮影
景色

憧れの和装フォトウエディング

2023.12.02

紅葉が終わりを迎え、冬の気配を感じ始めるそんなお天気の中、洋装のロケーションフォトをされたお2人は、今度は憧れの和装のロケーションフォトをされました。

和装の花嫁さまに憧れがあったご新婦さまは、やっぱり和装もしっかり残しておきたいと2週に渡ってロケーション撮影をされることにしました。
撮影は、紅葉が映える浮田家にて。浮田家にある大木の紅葉は、鮮やかに色濃く佇んでいました。

落葉したもみじや楓は、色鮮やかな秋の絨毯のよう。
和装姿のお二人がしっくり似合います。

和装の撮影日も雨上がりで、入り口の横には大きな水たまりが。
季節も冬へと移り変わる瞬間だったこともあり、恵みの雨に包まれました。

でもお天気は今日もお二人に味方。
サンセットに照らされながら、ご新郎様の心のこもった婚約指輪を改めて送られました。

カメラが趣味のご新郎様は、ご自前のカメラでご新婦様をこっそり撮影。
その姿を見ていたカメラマンさんからのリクエストに応えて。

撮影にいいかもとお持ちになられたかわいいペーパーアイテム。
肌写りのいいピンク色は、初々しくて色白なご新婦さまをより可愛く見せてくれる姫カラーでした。

いつも優しくサプライズをしてくださるご新郎さま。
手作りのフラワーアレンジメントをプレゼント。

打合せが始まってから撮影日まであっという間でしたね。打合せが楽し過ぎて、ご両親様も参加しての打合せは、フォトウエディングではなく、結婚式だと感じずにはいられませんでした。
いつもニコニコ笑顔のご新婦さま。ご新婦様の回りには笑顔が伝染してみんなもつられて笑顔になりましたね。
ずっとご新婦さまを大切に思いやって来られたご新郎さま。本当に優しくて思いやりを感じました。優しくてかわいくてきれいなご新婦さまと出会えてことが幸せと仰って下さいましたね。これからもお二人で助け合って笑い合って、仲良く素敵な家庭を築いていってくださいね。お会い出来て嬉しかったです。末永くお幸せに。

チャペル
ロケーション撮影

WEDDING PHOTO

2023.11.26

結婚の記念をフォトウエディングで残したいな。
そんな思いで、ご新婦さまはお母様と一緒にご来店下さいました。

挙式を挙げる事も考えたけど、チャペルでのフォトウエディングにしたいと、イメージをしっかりお持ちでいらっしゃいました。お母様もそんなご新婦さまの想いを尊重してくださいました。
お衣裳合わせの際もお母様や祖母様、みんなにみていただいて少しづつ決めていきました。

車が大好きなご新郎さま。
お天気がよかったこともあり、愛車と共に撮影からお二人のフォトウエディングは始まりました。

お気に入りの愛車とも一緒に記念を残せるフォトウエディングはお二人らしさが溢れます。
照れながらも、お二人で嬉しそうに愛車との撮影を楽しんで頂きました。

緊張は最初だけ。撮影が進むにつれてお二人も自然な笑顔に。
お二人と、カメラマンとの掛け合いでチャペルは笑い声に包まれました。

普段と違う雰囲気ということもあり、目が合うとちょっと照れてしまう…と、はにかむお二人。
カメラマンさんは、どんな表情も逃しません。

ご見学に来て下さっていたお母様にベールダウンを。

そして、お父様には一緒にバージンロードを歩いていただきました。

第二の主役、リングボーイくんの登場。
家族の声援を受け、お二人の大切な指輪を一生懸命に運ぶ甥っ子くん。

無事にお二人の元へ届けられた指輪を交換。
ご新婦さまの細くて華奢な指に、ご新郎さまから贈られた指輪が光ります。

指輪の交換と共に二人で誓いをたてて頂きました。
声を大に…のような大きな宣言のような誓いではないけれど、手を取り合って二人静かに心で誓いあっていただきました。

今日の記念に、結婚証明書にサイン。
挙式を挙げることはなかったけど、証明書がお二人の結婚の証になりました。

ニコニコかわいいご新婦さま。そして、いつも愉快なご新郎さま。
お二人が揃うとどうでしょう。なぜか、毎回笑いの輪が出来てしまいます。
みんなが引き込まれるようにお二人と楽しく過ごしておられる姿をみて本当に息の合ったお二人だなと私までニコニコしていました。
これからも、常にニコニコ笑いのご家庭を築いていってくださいね。
お衣裳合わせから当日まで、本当に楽しかったです。私たちをも笑わせてくれるお二人はBIG LOVE♡です。どうぞ末永くお幸せに。

チャペル
ロケーション撮影
景色

Shining bride and groom

2023.11.24

お二人はお着替えの後、場所を変えてチャペルでのウエディングフォトへ

お二人の思いは「たくさんの写真を残すこと。」

挙式イメージのほか、お一人姿でのイメージカットも時間をかけて撮影させて頂きました。
カラードレスとは、ドレスはもちろん、ヘアメイクも変えて、一つ一つそれぞれにしてみたいスタイルを作らせていただきました。

正装で晴れの席を迎えるお母様。
ベールダウンで、撮影が挙式ムードへと移ります。

ご新婦さまとバージンロードをゆっくりと進まれるお父様。
幼いころを思い出しながら、一歩一歩歩くうち、自然と涙が溢れだしました。
ご家族皆様も涙がとまらない優しい時間でした。

握手を交わすお父様とご新郎さま。強く握る手にお父様の思いを感じます。

お二人で歩き出した姿を見守るお父様の優しいまなざしが、印象的でした。

指輪の交換で、お二人のこれからを改めて約束します。

ベールの奥に見えるご新婦さまの笑顔が全てを物語っていました。

なかなか撮る機会が少ない、ご新郎様のソロショットも。

静かにふと思いふける瞬間。
挙式当日では味わえない、穏やかなゆっくりとした時間です。

あっという間に時間は過ぎ、夕暮れに。
イルミネーションが輝く中、お二人のウエディングフォトも大詰めに向かいます。

ラストカットは、ご新郎さまの希望で。
光の中で輝く新郎新婦さまでした。

カラードレスの撮影から、ウエディングドレスの撮影まで、本当にあっという間の一日でしたね。
お二人が、かわいくて愛らしくてとっても素敵な一日でした。

撮影のたびにキラキラ輝くお二人がとてもキレイで何度も見とれました。
ご家族皆様の雰囲気もとても穏やかで温かく、シャター音がするたび、お二人が、幸せのオーラに包まれて本当にステキな時間でした。フォトウエディングだけど本当の結婚式のような時間…お写真と、そして、この時間がお二人にとっての宝物になりましたね。
いつもご新婦さまに優しく寄り添うご新郎さま。これからもずっとお互いを大切に、そして、これからもかわいいお二人のままでいてくださいね。末永くお幸せに。

ロケーション撮影
景色

お2人の結婚記念日 ~forest princess and prince~

2023.11.24

結婚式を盛大に行うより、自分達の結婚の記念には「いっぱいいっぱい、写真を残したい。」と、フォトウエディングをされることに。

紅葉真っ盛りの植物園でお2人のフォトウエディングはスタート。
お二人の撮影日の前日から天気予報は曇り・雨… 植物園に到着直後は、雨がしとしと…と降りしきっていました。
「今日の撮影は、温室内でになるのかな…」と誰もが思っていた矢先、なんと少しづつ、お天気が顔を出し、野外での撮影に変更する事になりました!!

まさかと思っていた、晴れ間の瞬間。お二人もご家族様も私たちも大喜びで、思わず拍手が!!
お天気の神様がお二人に晴れ間のプレゼントをしてくれました。

紅葉真っ盛りをイメージして、選んだドレスは、鮮やかなオレンジ色のカラードレス。
ご新婦さまの透き通る肌に映える一点でした。
お二人でだけではなく、お母様とも一緒に選んだドレスは一生の思い出です。

木々の色、そして紅葉する葉々の中をゆっくり歩かれるご新婦さまは、まるで森のお姫様と王子様のよう。ご新郎さまの優しいエスコートで、撮影は順調に進みます。

お気に入りのスニーカーでの撮影。
ドレスだと、足元はあまり見えないのですが、実はお二人はこの撮影に合わせて「お揃いコーデ」をしよう!と、準備をしておられました。
とはいえ、自然の中での撮影。足元は十分に気を付けなくてはいけません。ご見学にお越しくださっていたお父様が、終始、ご新婦さまのバックトレーンをさりげなく持ち上げたり、お二人にお声をかけたり、と、私たち以上にサポートしてくださいました。少しでもご新婦さまが歩きやすく、そして、撮影しやすく…とお父様の優しいお心遣いが感じられる瞬間でした。

「愛するお姫さまにご挨拶を…」そんな風な声が聞こえてきそうな一枚。
撮影には、お二人の晴れの姿を一目見ようと、ご両家の皆様にお越しいただいておりました。
皆様から「かわいい~」が止まらないご新婦さま。ご新郎さまも、普段と違うタキシード姿に「いいね~」と、皆様からO. Kサインがでました!

お母様は、「このドレスにしてよかった~」と、美しいご新婦さまを見て嬉しそうにお話くださいました。ご両家のご家族様が温かく見守り、そして、和やかな笑い声に包まれた撮影になりました。

楽しすぎて、肌寒さも撮影時間もみんながすっかり忘れるほど…☺
お二人の幸せを熱いくらいに感じ、ほっこりほっかほかな気分になりながら、カラードレスの撮影が完了しました。
たくさんの笑いと感嘆の中、お二人の撮影はまだまだ続きます。この後はウエディングドレスに着替えて気持ち新たに撮影へと進まれました。

ロケーション撮影
景色

二人の晴れの日。

2023.11.15

洋装のフォトウエディングを終えて、少しおいて、今度は和装のフォトウエディングを。
お二人の結婚式はまだまだ続きます。

撮影は、富山でも歴史ある文化財として名高い内山邸にて。

小春日和の穏やかな日差しを浴びて、黄色、オレンジ、赤… 紅葉が一層進み、美しい紅葉のグラデーションの一日で、お二人の笑顔も満開になりました。
洋装に次いで、富山らしい景色を遠方のご家族様にも見ていただきたいと思っていたお二人は「両日ともの晴れて、本当に嬉しい。」と、大喜び。

ふかふかのイチョウの絨毯。秋ならではの光景です。
一面に広がるイチョウの絨毯を前に、ちょっと、童心に戻って、落葉した葉の上をゆっくり歩いてみました。

お支度から撮影、全て洋装の際と同じスタッフが担当したので、お二人も終始リラックス。
撮影は、和やかに笑顔のなか進みます。

せっかくなので、ドレスの時と同じように、キュッとくっついてみました。
照れる瞬間ですが、なかなか普段残せないショット。
打掛の厚みでなかなか手が届かず、力強いハグをしていただきました。笑

「ほっぺた、キュッ」笑顔がキュートなご新婦さま。
照れながらも笑顔で応じて下さるご新婦さまに、ご新郎さまはもちろん、カメラマンから私たちまでも笑顔になります。

お二人の晴れパワーが見事に叶いましたね。

ちょっとだけ…と見に来てくださったご家族様も、お二人の笑顔につられてずっとニコニコしてくださっていたのがとても印象的でした。祖母さまは、しっかりと手をつないでくださいましたね。祖父さまも祖母さまも嬉しそうに、ずっとずっとニコニコ眺めておられました。
優しいご両親様、そして、祖父母様にたくさんの愛情をもって大切に育てられたことを感じずにはいられませんでした。
笑顔いっぱいのお二人の担当が出来て私もいつも笑顔になりました。優しい笑顔をありがとうございます。
これからもどうぞお幸せに。ご両家皆様の末永いご多幸をお祈り致しております。

TOPへ戻る